JYOのもぐもぐ日記

大阪・京都・韓国の美味しいお店や日々のこと

京都旅 その1 『坂本龍馬ゆかりの地』『酢屋』

会社の先輩との京都旅も

今回で4、5回目ぐらいとなりました←てきとーw

 

マニアックな旅となりますが

良かったら読んでってください( ・`ω・´)キリッ

 

まず最初に行ったのが酢屋さん

f:id:tvxqjyo:20181010202637j:image

 

ここは才谷梅太郎こと坂本龍馬

近江屋事件の少し前まで

暮らしていた場所となります。

 

才谷梅太郎坂本龍馬がここで

暮らしていた間の偽名です^_^

 

30年前までは、ここで匿っていたことを

公表していなかったそうで、世間で

知られるようになってまだ30年。

結構レア情報ではないでしょうか!?^_^

 

幕末には坂本龍馬をはじめ、

多くの海援隊隊士を匿っていたそうです。

そしてここに「海援隊京都本部」を

置いておりました。

 

材木商というのも、いい具合の隠れみのに

なっていたようですね。

お酢屋さんではありませんのでw


f:id:tvxqjyo:20181010202613j:image

実はここ、目指して行った訳でなく

ランチのお店を求めウロウロしてたら

たまたまこの看板が目に入り

入ってみた次第です。

 

ちなみに客が私たちしかおらず、お店の

おじさんが色々説明してくださり

とても楽しかったです。

 

お部屋の撮影はできませんでしたが、

いい具合に再現されており天井は当時のまま。

約300年前のものとのことです。

※正確には297年前って言ってたと思います。

 

しかも昭和3年にその天井裏から

海援隊士の日記が出てきたそうです。

 

そちらは毎年11月に公開しているそうです。

日記の最後にも載せていますが

11月は明治維新150年のイベントも

されるそうなので興味がある方はぜひ!

 


f:id:tvxqjyo:20181010202632j:image

この二階の出窓から坂本龍馬

外を眺めてたと思うとロマン!?

ですねぇ( ´艸`)

 

龍馬は前の通りを眺めたり、

昔は向かいに船が入る川があったそうで

そこに向かって鉄砲の試し撃ちしたりも

してたそうです。

 

また、お姉さんの乙女さんに宛てた

5mにも及ぶ手紙にも、

ちゃんと京都の酢屋さんに宿泊していると

残っていました。

お姉さん宛ての手紙はそれが最後でした。

 

※それらの資料も二階の展示コーナーで

見ることができますよ( ´艸`)

 

入り口付近には龍馬ゆかりの目印が。
f:id:tvxqjyo:20181010202622j:image
f:id:tvxqjyo:20181010202616j:image
f:id:tvxqjyo:20181010202626j:image


f:id:tvxqjyo:20181010202619j:image

一階では木で作った工芸品が

色々販売されておられます。

 

使いがってのよさそうな食器類とかも

ありました。

おススメですよ。

 

二階の入館料は500円です。

保存にお金かかるそうなので

是非払って見てあげて下さい^_^

安いぐらいです!

 

f:id:tvxqjyo:20181011081233j:image

 

11月は明治維新150年イベントがあります。

ぜひホームページで確認してみて下さいね。